まさきくあらば.net

「まさきく」とは「無事に過ごす」の意味。皆様の毎日が笑顔で、無事に過ごせますように!【まさきくあれ!】

まさきくあらば.net

親子で実践する秘密の練習:足が速くなる!続章④【幼稚園・小学生編】

2017年09月07日 [ クリニック コーチング スポーツ トレーニング ラグビー ルール 俊足 効果的 子供 子育て 小学校 小学生 幼児 幼稚園 方法 練習 走り方 足が速くなる 運動会 ]

  親子で実践する!一日一時間

  足が速くなる秘密の練習を解説

【続章④:運動会の特訓  後編】

 

※スマートフォンでお読みの方は改行の調整がうまくいかない場合がございます。大変申し訳ありませんが、予めご了承ください。

 

いよいよ親子で実践する特別章もこのページ

「運動会の特訓 後編」で最後になります。

 

ココまで読んでいただきありがとうございます。

 

この章は前々回からの続きの後編なります。

 

■前回までの「秘密の練習」は?

 

運動会の一週間前、我が家の長女から

「足が速くなりたい」との急なお願い。

 

緊急の家族会議で長女と特訓する事が決まる。

 

残る五日間で二人で秘密の練習を実行するハメに。

 

はたして、運動会での結末はどうなったのか?

 

長女は徒競走で何位だったのか?

 

家族の全員が感動したゴールの瞬間!!

 

そして、ついに五日目までの

「秘密の練習」内容の全貌が今明かされる!

 

まだお読みでない方はコチラからがお薦め。

  親子で実践する!一日一時間

  足が速くなる秘密の練習を解説

【続章②:運動会の特訓 前編】
【続章③:運動会の特訓 中編】

 

<Sponsered Link>




 

続章:足が速くなるだけじゃない!④運動神経も良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

 

親子で実践「秘密の練習」(四日・五日目)

 

三日目までの練習が終わり、

四日目からが仕上げの後半になります。

 

モチロン、娘と一緒に実際に行った

練習内容になります。

 

メニュー内に記載されている

「(補助M)※」補助メニューの略です。

 

補助メニューというのは体の中の

一部の動きを集中的に習得する練習です。

 

 

親子で実践「秘密の練習」メニュー②

 

四日目(45分程度)
〇チェック:前後する頭のブレ
〇練習テーマ:「高く」を「前へ」進む力に変える
〇練習メニュー(距離15m)
・ダッシュ×2往復(スタートチェック)
・レッグランジ×1往復(補助M)※
・真っ直ぐな背筋で「前へ」弾むスキップ×2往復
・レッグランジ×1往復(補助M)※
・「前へ飛ぶ」ケンケン×2往復(補助M)
・真っ直ぐ背筋で「高く」弾むスキップ×3往復
・ダッシュ×2往復(結果のチェック)
〇修正結果:頭のブレ解消、視線が安定、                 推進力が改善、力感が出始める

※レッグランジのやり方:立ったままの姿勢で手を頭の後ろで組み、背筋をまっすぐに伸ばします。その姿勢から片足を大きく前に出し、前後の膝が90度になるくらいに腰を落としてこの動作を繰り返します。この時にできるだけ遠くへ踏み出すように心掛けてください。

 

五日目(50分程度)
〇チェック: 上半身の前傾角度の不足
〇練習テーマ:「高く」を「前へ」進む力に変える
〇練習メニュー(距離15m)
・真っ直ぐな背筋で「高く」弾むスキップ×2往復
・その場で腕振り20本×2セット(補助M)
・レッグランジ×1往復(補助M)
・真っ直ぐな背筋で「前へ」弾むスキップ×2往復
・「前へ飛ぶ」ケンケン走り×1往復(補助M)
・その場での腕振り20本×2セット
・レッグランジ×1往復(補助M)※
・バウンディング(跳ねる走り)×2往復(補助M)
・真っ直ぐな背筋で「前へ」弾むスキップ×2往復
・バウンディング(跳ねる走り)×1往復(補助M)
・ダッシュ×2往復(結果のチェック)
〇修正結果:上半身の前傾が変化し改善する。          歩幅が広がり推進力が加速

 

<Sponsered Link>




 

続章:足が速くなるだけじゃない!④運動神経も良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

■続章:運動会の特訓のまとめ

 

天候にも恵まれ、休むことなく

全五日間の「秘密の練習」を

長女と一緒に続ける事が出来ました。

 

彼女は本気で速くなりたいと

思っていたみたいで、普段とは違い

練習中は素直に話を聴いてくれました。

 

長女は週に一度バレーボールをするくらいで

走る機会はそんなに多くありませんでした。

 

彼女には、足が速くなる素養がありました。

 

いわゆる「伸びシロ」が多くあり、

走り方のクセを解消することで

簡単に走力を上げる事が出来ました。

 

三日目で右腕の振りが大きくなると同時に

体の傾きが無くなった事で、

足が真っ直ぐ前に出始めたのです。

 

フォームが整ってからの

後半の二日間で飛躍的な進歩。

 

真っ直ぐ足を前に出始めることさえができれば

後は歩幅を伸ばすことに専念できます。

 

後半の二日間は歩幅を伸ばす練習が主体。

 

当然、スキップは「秘密の練習」

で欠かすことができないメインプログラムです。

 

歩幅を伸ばすのに効果的な補助メニューは

「レッグランジ」、「ケンケン走り」と

「バウンディング」の三つでした。

 

歩幅が伸びれば必ず、足は速くなります。

 

少しでも共感していただける所があれば、

あなたもお子様と一緒に

「秘密の練習」を実践してみませんか?

 

以上が運動会前に娘と私が行った

「秘密の練習」の全貌になります。

 

最後の最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございました。

 

<Sponsered Link>




 

親子で実践する一日一時間

足が速くなる秘密の練習を解説  

【続章①:親子で行う特訓】

【続章②:運動会の特訓 前編】

【続章③:運動会の特訓 中編】

【続章④:運動会の特訓 後編】

 

 

続章:足が速くなるだけじゃない!④運動神経も良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

このブログでは各章の関係を

解りやすくするために

目次を作成しています。

秘密の練習をもっと詳しく知りたい方、

本編はこちらからどうぞ!

 

一時間で10人中7人の足が速くなる

秘密の練習を解説  -目次

 

【序章:概略】

【第一章:動作の習得 前編】

【第一章:動作の習得 後編】

【第二章:練習環境づくり 前編】

【第二章:練習環境づくり 後編】

【第三章:練習メニュー 基本編】

【第四章:練習メニュー 実践編】※

【第五章:コーチングテクニック】※

【最終章:本当の秘密】※

※印は近日公開予定

 

各章のタイトルをクリックすると

その章を見ることができますよ。

 


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。