まさきくあらば.net

「まさきく」とは「無事に過ごす」の意味。皆様の毎日が笑顔で、無事に過ごせますように!【まさきくあれ!】

まさきくあらば.net

親子で実践する秘密の練習:足が速くなる!続章②【幼稚園・小学生編】

2017年08月31日 [ クリニック コーチング スポーツ トレーニング ラグビー ルール 俊足 効果的 子供 子育て 小学校 小学生 幼児 幼稚園 方法 練習 走り方 足が速くなる 運動会 ]

  親子で実践する!一日一時間

  足が速くなる秘密の練習を解説

【続章②:運動会の特訓  前編】

 

※スマートフォンでお読みの方は改行の調整がうまくいかない場合がございます。大変申し訳ありませんが、予めご了承ください。

 

■一年に一度の大チャンス

 

運動会の練習が始まると子供達は

「足が速くなりたい」という意欲が出てきます。

 

子供達から出ている、

このサインを見逃さないでください。

 

この時こそが一年に一度の大チャンスです。

 

お子様を誘って「足が速くなる秘密の練習」を

一緒にやってみませんか?

 

<Sponsered Link>




 

続章:足が速くなるだけじゃない!②運動神経までも良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

■実録:運動会前のある日

 

私には二人の娘がいます。

 

普段から無理に走らせたりはしていません。

 

運動は小学校まかせ、勉強は塾まかせ、

躾は母親まかせといった部類の父親です。

 

次女はラグビースクールに入っていたので

男女を含めても足が速い方でした。

 

長女はバレーボールをやっていましたが、

体形は少しポッチャリタイプ。

 

走る事は嫌いでは無いのですが、

あまり走る機会が有りませんでした。

 

特訓の日は突然やってきました。

 

それは長女が小学校五年生の時、

彼女は既に父親と一緒にいるところを

友達に見られるのが恥ずかしい

お年頃になっていました。

 

 

続章:足が速くなるだけじゃない!②運動神経までも良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

■実録:運動会前の練習

 

その年の運動会まであと一週間という日、

長女から「パパ~、足が速くなりたい」と

イキナリでの急な申し出がありました。

 

運動会前での徒競走練習では四人中、

三位か四位のどちらかだそうです。

 

家内を含めた家族協議の結果

運動会開催までの毎朝5日間、

登校前の一時間で練習を行うことになりました。

 

本当は練習に一時間は欲しかったのですが、

いつもより一時間早く起き、着替えてから

公園に着いて、帰る時間を含めると、

実際にできる練習時間は40分程度でした。

 

私はラグビースクールのコーチをやっており、

他人の子供を同時に40人以上教えています。

 

号令をかけて、笛を吹いて

大勢で練習するスタイルです。

 

ただ、自分の子供に、しかもマンツーマンで

走り方を教えるのは初めての試みとなりました。

 

この時に普段のコーチング・スタイルと

異なるアプローチを試しました。

 

それは、私も「一緒に走る」という手法。

 

偶然の事だったかもしれません、

この手法が功を奏したのか、

長女は5日間の練習をリッパにやり遂げたのです。

 

 



 

■実録:運動会の当日

 

その結果、運動会当日の徒競走では

一位に肉迫する二位、差はホンノ僅か。

 

一位になることは叶いませんでしたが、

親として残念な気持ちは全くありませんでした。

 

親子で練習をやり遂げた達成感と

今まで勝てる事ができなかった三位の子供を

大きく引き離しての二位という結果は

十分過ぎるほど私の気持ちを満たしてくれました。

 

一生懸命に手を前後に振って、

教えたことを本番で再現しようとした、

長女の走る姿は今でも目に浮かびます。

 

そして一年後、彼女が六年生の時も

運動会前の秘密の特訓は続くのでありました。

 

 

続章:足が速くなるだけじゃない!②運動神経までも良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

■運動会の特訓はシンプル

 

彼女と行った練習は誰にでも

簡単にできる練習です。

 

スキップをメインプログラムとした、

四種類の補助メニュー(ジャンプ、腕振り、

片足ケンケン、レッグランジ)を組み合わせ、

ダッシュでチェックするという、

至ってシンプルな練習内容です。

※レッグランジのやり方:立ったままの姿勢で手を頭の後ろで組み、背筋をまっすぐに伸ばします。その姿勢から片足を大きく前に出し、前後の膝が90度になるくらいに腰を落としてこの動作を繰り返します。この時にできるだけ遠くへ踏み出すように心掛けてください。

 

練習の時に気を付けなければならない

全共通ポイントは「真っ直ぐ」な背筋。

 

「真っ直ぐ」な背筋で

「高く」の練習か、

「前へ」の練習かを

ハッキリさせます。

 

そして、どっちの練習をしているのかを

徹底敵に意識した上で、

適切な補助メニューを組み合わせるのです。

 

どうですか?

至ってシンプルな練習だと思いませんか?

 

あなたもお子様を誘って一緒に

「足が速くなる秘密の練習」で

運動会の特訓をやってみませんか?

 

我が家の長女もやり遂げた、

その時の練習内容を具体的に

次のページで初公開します。

親子で実践する!一日一時間

足が速くなる秘密の練習を解説

【続章③:運動会の特訓 中編】

をお楽しみに!

 

<Sponsered Link>




 

 

  親子で実践する!一日一時間

  足が速くなる秘密の練習を解説

【続章①:親子で行う特訓】

【続章②:運動会の特訓 前編】

【続章③:運動会の特訓 中編】

【続章④:運動会の特訓 後編】

 

 

続章:足が速くなるだけじゃない!②運動神経までも良くなる!親子で一緒に秘密の練習【幼稚園・小学生編】

 

このブログでは各章の関係を

解りやすくするために

目次を作成しました。

もっと詳しく秘密の練習を知りたい方は

本編があります。こちらからどうぞ!

 

目次】一時間で10人中7人の

足が速くなる秘密の練習を解説

【序章:概略】

【第一章:動作の習得 前編】

【第一章:動作の習得 後編】

【第二章:練習環境づくり 前編】

【第二章:練習環境づくり 後編】

【第三章:練習メニュー 基本編】

【第四章:練習メニュー 実践編】

【第五章:コーチングテクニック】

【最終章:本当の秘密】※

※印は近日公開予定

 

各章のタイトルをクリックすると

その章を見ることができますよ。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。