まさきくあらば.net

「まさきく」とは「無事に過ごす」の意味。皆様の毎日が笑顔で、無事に過ごせますように!【まさきくあれ!】

まさきくあらば.net

足が速くなる!①運動神経も良くなる秘密の練習【幼稚園・小学生編】

2017年08月21日 [ クリニック コーチング スポーツ トレーニング ラグビー ルール 俊足 効果的 子供 子育て 小学校 小学生 幼児 幼稚園 方法 練習 走り方 足が速くなる 運動会 ]

一時間で10人中7人の足が

速くなる!①秘密の練習を解説

【序章:概略】

 

■「足が遅い」のではなく、

「速く走るコツ」を知らないだけ

 

ほとんどの人は自然に走ることができるので、

走り方を教えてもらう機会があまりありません。

 

走り方を習う機会にも恵まれることなく、

速く走るコツを知らないだけで

自分は「足が遅い」と思い込み、

自分の運動神経のデキまでも

悪いと思い込んでいる

そんな子供達が数多くいます。

 

もし、あなたのお子様がまだ小さければ、

「速く走るコツ」を体感できる、

大きなチャンスが待っています。

 

このチャンスを最大限に活かしてみては

どうでしょうか?

 

 

足が速くなるだけじゃない!① 運動神経も良くなる秘密の練習 【幼稚園・小学生編】

 

■「速く走る」ことができる

  ゴールデンエイジ

 

幼少期から幼稚園、小学校に

通っている子供達は、

脳と神経系統が著しく発達する時期になります。

 

いわゆる「運動神経」と呼ばれる能力を

伸ばすには最適のタイミングになります。

 

この時期は神経系が発達する

ゴールデンエイジとも呼ばれています。

 

一方で、筋肉自体はどんなに鍛えても

ほとんど発達しません。

 

子供の走り方を細かく見過ぎてしまうと、

それぞれに特徴があって、千差万別です。

 

ではどうやって足が速くなって行くのでしょうか?

 

ヒントはラグビーの練習を通して、

子供達から教えてもらいました。

 

足の速い子供達が持つ、ある共通点。

 

それは背中が真っ直ぐに伸びているところ。

 

地面からの反発する力を足の裏で受け止めて、

ロスさせることなく下半身からうまく

上半身に力を伝えています。

 

そしてその力を遠くへと進む力へと

変換しているのです。

 

その遠くへ進もうとする

「一歩力の差」が速さの違いとなって現れます。

 

<Sponsered Link>



足が速くなるだけじゃない!① 運動神経も良くなる秘密の練習 【幼稚園・小学生編】

 

 

■足が速くなると積極的になれる

 

私は現在ラグビースクールでコーチをしています。

 

担当は幼稚園。

 

年中さんと年長さんを合わすと

全員で50人以上も在籍しています。

小中学校生をも合わせると200名を超えます。

 

日本国内でも有数のビッグスクールになります。

 

人数が多いだけではありません。

 

全国大会では日本一になったこともある

実績も伴ったラグビースクールです。

 

当然、全員のコーチは子供達にラグビーが

上手くなってもらいたいとも思っています。

 

できれば、教え子達の中から

日本代表に選ばれて欲しいとも思っています。

 

しかし私の本音の部分では、

子供達の運動神経を良くしたいと考えています。

 

せめて足だけでも速くなって欲しいので、

私は日々の練習内容を工夫し、

少しずつ進化させています。

 

子供達は足が速くなると

自分のプレーに自信を持ち始めます。

 

足が速くなることがキッカケで積極的に

ラグビーを楽しむことができるようになった

子供達を何十人と私は知っています。

 

 

足が速くなるだけじゃない!① 運動神経も良くなる秘密の練習 【幼稚園・小学生編】

 

■10人中7人の足が速くなる概要

 

休憩も含めた一時間程度の練習で

私は幼稚園児たちの足を速くしています。

 

しかも10人いると7人は

練習をする前より足が速くなっています。

 

小学生でも同じプログラムで練習を行いましたが、

やはり結果の差はほとんどありませんでした。

 

この練習プログラムに参加すると、

子供の走りに「力強さ」が加わり始めます。

 

「走りの力感(りきかん)」と私は呼んでいます。

 

この力感が出始めた後、

子供たちの走りがシンクロ(同調)し始めます。

 

大事なポイントは全体のシンクロが起きるまで

練習のプログラムを続けるというところです。

 

この現象を「完成形」として

コーチが知っているかどうかで、

子供達の結果がまるで変わります。

 

コンディションが良い時には

参加した全員の足が速くなる場合があります。

 

ただ練習を行うためだけに

メニューをこなしてしまうと、

この様な結果はついてきません。

 

全体の練習時間の問題もあるとは思いますが、

残念なことにほとんどのコーチは、

この結果が出るほんの少し前に

練習を切り上げてしまっているのです。

 

練習の「完成形」は常に意識してください。

 

そのことが意識できれば、

必ず子供達の足は速くなります。

 

 

足が速くなるだけじゃない!① 運動神経も良くなる秘密の練習 【幼稚園・小学生編】

 

■【序章:概略】のまとめ

 

10人以上の子供達で走る練習を行うと

不思議な現象が起こります。

 

子供達のシンクロ現象」が始まり、

全体でのスピードがアップし、

結果、個々の足が速くなって行きます。

 

この現象をコーチが知っているかどうかが、

子供達の足が速くなるという

効果が出る練習の分かれ目になります。

 

次のページ、

一時間で10人中7人の足が速くなる

秘密の練習を解説【第一章:動作の習得】では

足が速くなるメインプログラムを解説します。

 

さてどんな練習を中心に行うのでしょうか?

 

少しでも気になられた方は

続章【第一章:動作の習得】

の方までどうぞ!

 

最後までお読みいただき

誠にありがとうございます。

 

あなたはもっと

足が速くなる練習の秘密

知りたくないですか?

 

<Sponsered Link>



 

足が速くなるだけじゃない!① 運動神経も良くなる秘密の練習 【幼稚園・小学生編】

 

このブログ全体で文章が多くなり過ぎました。

そこで、目次を作成することにしました。

 

【目次】一時間で10人中7人の足が

速くなる秘密の練習を解説

 

当ブログの全体像を把握するためにも、

一度ご覧になってみてください。

 

※各章のタイトルをクリックすると

その章を見ることができますよ。

 

次ページは②【第一章:動作の習得】です。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。